借金の減額で任意整理ができないケース

説明

借金を減額する方法として、債務整理の任意整理は実に効果的です。

弁護士や司法書士などの専門家に依頼して任意整理をすると、
将来利息のカットや借金の減額ができます

自力で借金問題を解決できない人に向いていますが、任意整理は全ての人ができるわけではありません。

こちらでは、借金の減額で任意整理ができないケースについて説明しています。

目次

借金問題を任意整理で解決するメリット

借金苦を抱えている人にとって、任意整理は今の状況を打破する方法の一つです。

任意整理をすると弁護士や司法書士が債権者と交渉を行い、今現在よりも楽な支払い月額に導いてくれます

借金問題を任意整理で解決するにあたり、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 貸金業者からの催促が止まるため、精神的に楽な気持ちになる
  • 今後の借金の利息がカットされるため、返済の負担を減らせる
  • 裁判所を通す手続きがなく、専門家に一任すれば自分では何もしなくても良い
  • 自己破産とは違って今の財産を維持したまま手続きができる

任意整理は基本的に、「専門家に任意整理を依頼する」⇒「貸金業者に受任通知を送付する」⇒「貸金業者に取引履歴開示を請求する」⇒「利息制限法に基づいて残高を算出する」⇒「和解締結・分割返済の交渉を行う」という流れで進みます。

今の借金の負担を大きく減らせる方法ですので、自力で解決できない人は任意整理を検討すべきですね。

借金の減額で任意整理ができないケースとは?

任意整理の手続きを弁護士や司法書士などの専門家に依頼するメリットについておわかり頂けたでしょうか。

借金苦から解放される手段の一つですが、借金の減額で任意整理ができないケースもあります。

債務者が任意整理を行いたくても、何かしらの問題があれば別の債務整理を検討しないといけません。

以下では任意整理ができなくなる原因を説明していますので、自分に当てはまるのかどうか考えてみてください。

任意整理の要件に当てはまらない

任意整理は裁判所が介入しない債務整理ですが、一定のルールがあります。

下記のように任意整理の要件に当てはまらない方は、この手続きを取ることができません。

  • 安定した収入がある
  • 3年間~5年間で返済できる見込みがある
  • 今後も返済を継続する意思がある

任意整理をしても借金がなくなるわけではなく、あくまでも借金が減額されるだけです。

収入から必要生活費を差し引いた金額(可処分所得)の中で返済を続ける形になりますので、
アルバイトや正社員として安定した収入がなければ、任意整理は難しいと心得ておきましょう。

返済状況に課題がある

上記でも説明したように、任意整理は原則的に3年間~5年間で完済できる支払い能力を持っていることが条件です。

例えば、借金の元金が800万円で毎月の返済額が5万円だと仮定すると、
5年間をかけても300万円しか返済できないので任意整理の手続きはできません。

しかし、元金が3年間~5年間で返済できるだけの借金でも、
債務者が取引を開始してから一度も返済していないケースでは任意整理は不可能です。

もしこの状態で債務整理に応じたとすると、貸金業者は無償で債務者にお金を貸し付けたことなります。

貸金業者の立場に立ってみるとこれでは商売になりませんので、
弁護士や司法書士などの専門家に依頼しても任意整理はできないわけです。

一度も返済したことがないという例は極端ですが、
お金を借り入れてからの取引期間が短いケースでも同じことが言えます。

債権者側の都合

債務者が任意整理の条件を満たしていても、債権者側の都合で応じてもらえないケースはあります。

そもそも、任意整理は裁判所を通さない債務整理ですので、
貸金業者が交渉のテーブルにつかないといけないと決まっているわけではありません。

貸金業者によっては、下記のような方針の会社もありますよ。

  • 経営方針で任意整理には応じない
  • 過払い利息の免除はOKでも将来利息のカットは不可
  • 利息のカットはOKでも一括払いのみ

債務者が自己破産すると配当をほとんど受け取れなくなりますので、
任意整理に絶対に応じない貸金業者は少ないのが現状です。

それでも、任意整理に法的な拘束力はなく、応じるのかどうかは債権者の判断に委ねられています。

任意整理には応じるが条件がかなり厳しい貸金業者もありますので、
専門家に依頼して任意整理をすれば、絶対に借金が減額されるわけではないと心得ておいてください。

最後のまとめ

以上のように、債務整理の任意整理で借金問題を解決するメリットと、
任意整理ができないケースについてまとめてみました。

収入が不安定で任意整理ができないと聞き、「自分の借金問題は絶対に解決できないのでは・・・」
と不安を抱えている方は少なくありません。

しかし、任意整理ができなくても、個人再生や自己破産など他の債務整理の手続きを取ることはできます

素人では今の自分の状況でどの債務整理が適しているのか正確に判断できませんので、
まずは専門家に無料相談することから始めましょう。

イージス法律事務所

イージス法律事務所

  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 全国対応かつ個人情報厳守なので、家族や会社にもバレない
  • 手続き費用は分割で後払い可能、今お金がなくても問題なし